字幕翻訳のあれこれ

英語を使う仕事の一つに、字幕翻訳があります。

今回は筆者が仕事として経験した字幕翻訳の話を書いていきます。

 

筆者は就職する前に翻訳学校に通っていました。クラスメイトには様々な方がおり、英語力も初級程度から帰国子女までいました。

ある方は、ご主人のお仕事の都合で長年アメリカに住んでいました。もともと翻訳の仕事に興味はなかったらしいですが、あるとき日本語字幕つきの洋画を見て疑問がわいたそうです。

「英語のセリフと、字幕の内容(意味)が違うのは何でだろう?」

その謎を解き明かすために、彼女は語学学校に通うことにしたと言うのです。

ヒアリングが得意な人ほど、同じような疑問を持つのかもしれません。中には、誤訳を疑う方もいるでしょう。

 

あってはいけないことですが、誤訳の場合も、もちろんあり得ますし、翻訳者が原文を理解していても、うまく日本語に置き換えられなかった場合も考えられます。しかし、大抵の理由は、1秒間に4文字以内の字数で訳すという原則が影響していると考えられます。字数制限のために訳文全てを載せることができないので、「言っていることがちゃんと訳せてない!」と思われてしまうのでしょう。

洋画を日本語に翻訳する場合、吹き替えの場合は7~8割、字幕の場合は3~4割ほどしか原文の意味を伝えられないと言います。字幕では、それほど情報量がガクッと下がってしまうのです。

字幕は原則1秒4文字とは言いましたが、さらに言うと、簡潔で端的であればあるほど良いとされています。短い言葉にギュッと意味を込めることができれば、視聴者が字幕を読むのに必死にならず、映像そのものを楽しむ余裕が生まれるからです。

 

ちなみに吹き替え翻訳の場合、役者の口の動きになるべく合った日本語をあてる工夫も必要とされますし、字幕翻訳よりも登場人物のキャラクターに合った口調をしっかり見極める必要もあります。

字幕では、ギッシリと意味が詰まっている熟語や漢字を多用してしまいがちですが、これは良しとされていません。見た目の美しさやバランスも大事だからです。漢字ばかりを使わずに、端的に表現するには、英語力よりも日本語の表現力が問われます。

 

筆者の実体験として、初めて翻訳を任されたときのことが印象に残っています。映画監督が制作秘話を語るドキュメンタリーで、監督が自身の作品を、ある作家を引き合いにしてたとえた発言がありました。その作家の名前を字幕にしても文字数オーバーしてしまいますし(カタカナ表記は字数を奪いがちです)、何より日本では無名(しかも現地でもマイナーな作家)なので、作家名を出しても視聴者の疑問に残るだけです。固有名詞は表記するのが大原則ですが、このような場合はそうとも言い切れません。そこで、インターネットで数少ない情報を頼りに、その作家の作風を知り、監督の発言に矛盾していないか確認し、意訳をしました。

具体的にはこのような感じです。

監督「今作を作る上で、〇〇という作家の世界観を参考にしました」

→〇〇は昔ながらのアメリカをよく題材にしていた

→字幕「古き良きアメリカを表現した」

このように、表面的には言っていることが違っても、分かりやすく端的に表現できればいいのです。

 

ほかにも、劇中歌の翻訳にも手こずりました。吹き替えでは歌唱部分だけ字幕で対応することが多いですが、字幕であってもリズム感は大切ですし、抽象的な歌詞だと意味をくみ取るのも大変です。ラップの場合は意味を保ちつつも日本語でも韻を踏むという作業に時間を使ってしまった記憶があります。

たったひと言のギャグも簡単には翻訳できず、いろいろと頭を使う仕事でしたが、やりがいがあり、本当に面白い世界だと思います。

ディズニー好きにオススメ!な英語学習法

● 映画を学習に取り入れる

 

先日、地上波で初めて『アナと雪の女王』が放映されましたね。

筆者は今回の『アナ雪』は見逃しましたが、続いて再放映された『塔の上のラプンツェル』は、内容を楽しみながらも、しっかりと英語学習に役立てました。

 

ディズニー作品は言うまでもなくアメリカの作品ですので、オリジナル版は英語音声ですが、日本では日本語吹き替え版が放映されます。

しかしリモコンの音声切替ボタンを押すと、吹き替えではなく、英語音声で聞くことができます。英語音声だけでは内容が楽しめなくなるという場合は、リモコンの字幕ボタンを押して、クローズドキャプション(聴覚障害のある方のために作られた日本語字幕)を表示させましょう。

DVDでなくても、日本語字幕つき英語音声でディズニー映画を気軽に楽しむことができます。もちろん、洋画であれば同じようにして英語に触れられます。

 

ここで特にディズニー映画をオススメしたのは、子ども向きだから英語が分かりやすいという理由ではなく、単純に筆者が見ていて楽しく、かつ分かりやすいと思ったからです。人によって、ジャンルによって、分かりやすさと楽しさを兼ね備えている作品は異なるので、まずは自分が好きな洋画で試してみましょう。

 

ここからは余談ですが、1年間の語学留学中に何度も映画館に足を運んだときの思い出話をします。

ホーキング博士の半生を題材にした『博士と彼女のセオリー』という映画を、現地の友人と見に行ったことがあります。理論物理学者の話なので、私が話の内容が理解できたか、友人には心配だったようです。もちろん日本ではないので、字幕なしだったのですが、意外にも聞き取れて楽しめました。(ただし、1カ所分からなかったのが、博士がジョークを言うシーンです。劇場で一斉に笑い声が起きたのに、自分は笑えないどころか、博士が何と言ったのかすら聞き取れませんでした。ジョークが笑えるようになったら、かなりの英語マスターです)

一見難しそうな映画を楽しめた一方、『ペンギンズ』というアニメ映画を後日見に行ったときは、ほとんど聞き取れませんでした。子ども向きアニメだからと言って、必ずしも理解しやすいわけではないようです。

 

 

 

● ラジオを学習に取り入れる

 

まずはディズニー映画を英語学習に取り入れることを提案しました。洋画鑑賞もリスニング強化に役立ちますが、デメリットがあるとすれば、視覚情報があるので、セリフが聞き取れなくても分かった気になってしまうところです(反対に、見ていて飽きないので続けられるのがメリットだと言えるでしょう)。

その点、ラジオやCDは完全に音だけの世界なので、リスニング力はかなり鍛えられます。

というわけで、ポッドキャストをすきま時間に聞く習慣をつけましょう。ポッドキャストとは、インターネットにさえつなげれば聞くことのできるラジオのことです。

筆者は、スマートフォンに「TuneIn Radio」のアプリをインストールしています。「TuneIn Radio」を使えば、世界中のラジオ番組を無料で聞くことができます。ただ、あまりに選択肢が多くて何を選んだらいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

そこで特にオススメしたいのが、ディズニーのオーディオブックです。「TuneIn Radio」のアプリを開き、「ブラウズ」→「ポッドキャスト」→「子供と家族」でたどりつけます。

(インターネット上で「Disney Story Central Podcast」で検索しても無料で聞くことができます)

「Disney Story Central」では2時間ほどのディズニーアニメの内容が、10分前後に要約されているので、暇つぶしにもちょうどいい長さです。

オーディオブック化されている作品は、『アラジン』(Aladdin)などの名作から、ディズニーアニメの最新作『モアナと伝説の海』(Moana)まであり、順次更新中のようです。何度聞いても無料なので、飽きるまで繰り返し聞いてみましょう!

英検準1級に合格する方法

英検2級に合格し、これから準1級に挑戦しようと問題集を手にしたことのある方ならお分かりになると思いますが、2級と準1級との大きな違いは、その語彙量にあります。2級までなら、それほど難易度の高い語彙は出題されず、比較的、日常でよく使われるようなイディオムなどが問われます。

しかし、準1級からは、専門性の高い表現がグンと多く問われるようになります。

英検の公式サイトでは、準1級は「大学中級程度」のレベルとされていますが、実際はもっとハードルが高いように感じるはずです(ちなみに2級は「高校卒業程度」と記されています)。英語自体の文法は言うまでもなく変わらないので、やはりいかにボキャブラリーを増やすかに合否がかかっていると言えます。

 

ボキャブラリーを増やすためにもっとも確実な勉強法は、ひたすら紙に単語を書きなぐることです。洋書の乱読、精読もかなり役に立ちますが、手で書くという作業も思った以上に実力の底上げをしてくれます。タイピングだけでなく、実際に手で書くことに慣れていれば、英作文のセクションなどでのスペルミスを減らす効果もあります(スペルミスは採点にあまり響かないとの説もありますが、正式に採点基準が公開されているわけではないので、ミスはしないに越したことはありません)。

 

英検準1級用の単語・熟語集を最低でも2冊買い、すきま時間があればひたすら単語をノートに書く習慣をつけましょう。1冊だけだと網羅しきれないことと、同じ準1級対策を謳っていても、より簡単なものとより難しいものと、意外とレベルにばらつきがあるからです。旺文社の単語集には外れがないという印象があるので、1冊は旺文社の本を持つことをオススメいたします。

あくまでも筆者の場合ですが、単語よりも熟語の習得の方が時間を要する気がします。ネイティブの言語感覚は簡単に身に付くものではないので、地道に覚えていく必要があります。

語彙の増強に並行して、洋書も読み続けていれば、以前よりスラスラと内容が頭に入ってくるのを実感するはずですし、確実に合格への道につながります。

 

ここからは蛇足ですが、筆者は語学留学を終えて帰国後、英検1級を受験しましたが、見事玉砕してしまいました。留学と言うより遊学といった生活でしたので(語学学校では一応いいクラスに入っていましたが)、本気で机に向かわないと受かるものも受かりませんね。逆に言えば、机に向かえば合格できるというのも間違いないです。1級は特に年々難しくなってきているので、筆者も合格を目指していきたいと思います。

楽しくライティングスキルを向上させる方法

リーディング、リスニングのインプットの勉強も大事ですが、ライティング、スピーキングのアウトプットの勉強も、英語マスターをするためには欠かせません。

インプット学習で問題になるのが、自分の書いた・話した英語が正しいかどうか確認しづらいことです。そこで、今回はアウトプットのうちの、ライティングのオススメ練習法をご紹介します。

 

まず英作文する機会は、以下のような場面があげられます。

1 英語で日記をつける

2 ブログやtwitterなどのSNSで英語を使う

3 ペンパルやメル友を作り、英語で手紙やメールのやりとりをする

 

ここで筆者が経験上もっともオススメしたいのが、3の「ペンパル・メル友作り」です。

筆者がライティングに自信が持てるようになり、実際に留学先の語学学校の先生方には、ライティング力がすばらしいと太鼓判を押していただけたのも、ひとえに、それまで世界各国のメル友やペンパルたちと、英語でやりとりしてきたからに他なりません。

 

個人的に英語日記をつけるのも役には立ちます。しかし第三者からの反応がない以上、伝わる英語になっているかどうかが良く分からないし、1人での作業になるので続けにくいというデメリットもあります。

メールや手紙の良いところは、自分の発言したことに反応があり、ちゃんと伝わっているかどうかが良く分かるところにあります。

そして、メル友がいれば、どちらかが返信をやめない限り、英語でのラリーはいくらでも続きます。オンラインチャットを活用すれば、アウトプットの瞬発力も鍛えられます。相手からのメッセージを読むことで、リーディングスキルもつきます。

 

メル友作りでのポイントは、英語が母語話者でなくても構わないということです。英語のネイティブだと、スラングや流行語などもたくさん使うことがあるので、理解しにくいこともままあります。その反面、英語が第2言語のメル友の英語は、比較的わかりやすいと言えます。

筆者も10年以上つづいているペンパルが居ますが、仲のいい友達という感覚になり、英語学習だという意識をすることがありません。ライティング力を楽しく向上・キープできるのが、ペンパル・メル友作りの魅力だと言えるでしょう。

筆者がペンパルたちと知り合ったのは、mixiやJapan penpalというサイトです(http://www.japan-guide.com/penfriend/)。筆者の友人は、スカイプを通じて知り合った方と国際結婚してしまいました。友人の場合はうまくいって幸せに暮らしていますが、最初から出会い目当てだとトラブルに巻き込まれることもあるので、あくまでも英語の上達のためと国際交流を目的に利用しましょう。

初心者~中級者が英語の基礎を固めるには

日本に居ながら、もっとも効率よく、それでも楽しく英語の基礎を固めるのに良い方法があります。

それは、ひたすら洋書を読むことです。

ハードルが高いと思われるかもしれませんが、難しい本を読む必要はないのです。絵本や、ヤングアダルト(日本で言うライトノベルのような、10代向けの本)など、一見やさしすぎるように思える本でも、読み続ければ必ず実力につながります。

自分が読みたいと思った本を読むのが楽しく続けられるポイントになります。

洋書コーナーのある図書館なども積極的に利用しましょう。

 

洋書を読むに当たって、さらにオススメなのが、読書ノートをつけることです。まずノートの1ページ目に、目標を書きましょう。

項目としては、

●年間、何冊を読了したいか

(ちなみに筆者は、60冊を目標にして、数稼ぎのために絵本もたくさん読みました)

●1年後、どれほどの英語力を身に付けていたいか(英検2級合格など)

など、思いつくままに書いておきましょう。

 

そして、2ページ以降は、読んだ本のタイトルや、読み終わった日付、それから感想をできれば英語で書いてみましょう。目標達成したあとは、きっと大切な読書ノートになっているはずです。

 

筆者が読んできた洋書でオススメのものをいくつかご紹介します。

●Jude Deveraux 『A Knight in Shining Armor』

作者の日本語表記はジュード・デヴローです。アメリカの作家です。『A Knight in Shining Armor』は彼女の代表作です。

映画『ニューヨークの恋人』の原案になったそうで、筆者はこの映画は見ていませんが、公開当時は面白そうだなと興味を持った覚えがあります。映画の原案とは知らずに読んだのですが、ロマンティックな展開が好きな女性には一押しです。

中世の騎士が時空を飛び越えて現代のアメリカ女性と恋をするけれども、生まれた時代が違うので最後に果たして結ばれるのか…。一見切ない結末ですが、意外なエンディングがあり、思わず余韻に浸ってしまいました。

『時のかなたの恋人』というタイトルで翻訳書が出ているそうなので、翻訳を先に読んでから原書を読んでみるのもいいかもしれません。

 

●Haruki Murakami 『Kafka on the Shore』

ご存じ村上春樹の英語版です。日本が世界に誇る村上作品を世界の目はどのように読んでいるのか気になるところです。英語版が簡単に手に入りやすい日本語作家の代表とも言えますね。

原書(日本語版)を読むことなく英語版を読みましたが、さすが春樹先生といった感じで、どんなに分厚くても引き込まれてしまいました。ただ正直グロテスクな描写が多く、動物虐待などのシーンは絶対に読みたくない人にはオススメできないかもしれません。特に、猫が大好きな方には読むのがしんどい場面があります。村上春樹も猫好きで知られていますが、なぜあのようなシーンを描いたのでしょうか…。繊細な筆者は、読後の夜はなかなか寝付けませんでした。

正直に言って、村上春樹大先生が何を伝えたかったのか、日本語で読んでもおそらく理解できませんが、ボリュームがあるのにどんどん読ませてくれる力があるので、ぜひ英語で読んでみてください。

 

●Tsugumi Ooba, Takeshi Obata  『Bakuman。』

『DEATH NOTE』で知られる大場つぐみ先生と小畑健先生の漫画の英語版です。漫画で絵ばっかりといえども、この方々の漫画はとにかくセリフが多いので、「読む」分量は他の漫画よりも圧倒的に多いです。全20巻で完結したそうですが、筆者は最後まで追うことができず、半分くらいの巻数しか読んでいません。

内容は説明しなくても知られていると思いますが、2人の少年たちが漫画界のトップを目指す話です。日本語版よりややお高めにはなってしまいますが、漫画なら飽きずに繰り返し読める方にはオススメします。

 

● Otfried Preussler  『The Little Witch』

ドイツの児童文学作家、オトフリート・プロイスラー作『小さい魔女』の英語訳です。分量も薄いですし、読んでいて心が洗われるようなので、分厚い洋書を読む気にならない方にオススメです。プロイスラーの作品では、小学生の頃に読んだ『大どろぼうホッツェンプロッツ』がとても面白かったので、いつか英語版でも読んでみたいと思っています。

英語で世界を広げよう

ちまたには、さまざまな英語学習教材があふれているので、かえって何から手をつけたら良いのか分からないということがあると思います。

このサイトでは、地道に、でも楽しく確実に英語を身に付ける方法を、筆者の経験を元にご紹介しようと思います。

 

英語にまつわる筆者の経歴について:

筆者が英語学習を始めたのは中学1年生の時です。とはいえ、実は小学生時代から中学卒業まで、学校に通っていなかったので、大抵の日本人が初めて英語を習うであろう中学3年間は、いっさい授業を受けることなく、家庭で過ごしていました。不登校になる以前の小学校時代から、成績は底辺で、ペーパーテストも白紙で出してしまうほどでした。(大人になってからアスペルガーの診断を受け、学校に通うだけでも大変だった理由が、ひとつずつ現在進行形で分かるようになりました。当時は生きているだけでも暗く、大変な日々でした)

勉強に対してやる気など一切もてませんでしたが、中学生になる年から、親が先生役をつとめて家庭学習を始め、英語も親と一緒に教科書を見ながら習うことになりました。

 

はじめは他の教科と変わらず、勉強の進み具合は全体的に遅かったのですが、英語は初めて習う科目で挫折した記憶がなかったため、抵抗なく勉強が進んでいったように思います(正直はっきりとは思い出せません)。NHKラジオも毎日聞くようになったのですが、それでもなぜか英語の発音はかなりめちゃくちゃなままで中学を卒業してしまいました。(念のため書いておきますが、NHKの基礎英語はコツコツ続けられる方には最高の教材です)

 

いろいろあったものの高校に入学でき、かなり長いブランクがありましたが不登校は解消できました。が、英語に関して言えば先ほど書いたとおり、発音はかなりいいかげんで、たとえば【society】を「ソサエティ」と発音すべきところを「ソーシエティー」などと、英単語をローマ字読みしてしまうようなありさまでした。今思えばそれほど英語が得意だったわけではなかったのかもしれませんけれども、自分は英語が得意なのだと思い込んでいたおめでたい筆者は、他の選択肢を一切頭に思い浮かべることなく私大の英文科に進学することになりました。

それまで英検などは受けたことがなかったのですが3年生の頃に初めて2級を受けて合格し(英文科ですし特に試験対策はしませんでした)、4年生の終わりごろに準1級の1次に合格しました。面接には1回落ちてしまいましたが次の試験日に無事通過し、準1級合格となりました。そのころにTOEIC850点取得しました。

大学卒業後、1年間の翻訳学校を経てから翻訳会社に就職し、翻訳業を経験した後、ニュージーランドに1年間の語学留学をしました。

留学先では、文法だけでも留学前にしっかり身に付けていた方が留学先でも過ごしやすいという、ある意味当たり前のことを実感しました。正直あまり熱心とは言えない留学生でしたが、基礎を固めていた方だったので無用に不安になることがなく、それまで頑張ってきた自分に感謝の思いでした。

 

矛盾しているようですが、英語に自信がなくても、海外に行きたい気持ちがある人にはすぐにでも行くようにおすすめしたいです。ただ、英語はある程度机に向かう時間がないと、身に付くものではありません(小さな子供は別でしょうけども)。留学先でも、勉強しなくても英語圏に住んでいるかぎり、英語は勝手についてくると誤解している日本の方たちに出会いました。でも結局は「雰囲気だけの英語力」しか身に付かなかったというパターンや、数年ものあいだ語学学校に通っているのに初級レベルに留まり続けている方を見てきているので、【勉強】は大事だよ、楽しく勉強する方法もあるよ、と伝えたい気持ちを持つようになりました。

 

以後、世界を広げてくれる英語の力を、どのようにして筆者が伸ばしてきたかなど、書いていこうと思います。