英語で世界を広げよう

ちまたには、さまざまな英語学習教材があふれているので、かえって何から手をつけたら良いのか分からないということがあると思います。

このサイトでは、地道に、でも楽しく確実に英語を身に付ける方法を、筆者の経験を元にご紹介しようと思います。

 

英語にまつわる筆者の経歴について:

筆者が英語学習を始めたのは中学1年生の時です。とはいえ、実は小学生時代から中学卒業まで、学校に通っていなかったので、大抵の日本人が初めて英語を習うであろう中学3年間は、いっさい授業を受けることなく、家庭で過ごしていました。不登校になる以前の小学校時代から、成績は底辺で、ペーパーテストも白紙で出してしまうほどでした。(大人になってからアスペルガーの診断を受け、学校に通うだけでも大変だった理由が、ひとつずつ現在進行形で分かるようになりました。当時は生きているだけでも暗く、大変な日々でした)

勉強に対してやる気など一切もてませんでしたが、中学生になる年から、親が先生役をつとめて家庭学習を始め、英語も親と一緒に教科書を見ながら習うことになりました。

 

はじめは他の教科と変わらず、勉強の進み具合は全体的に遅かったのですが、英語は初めて習う科目で挫折した記憶がなかったため、抵抗なく勉強が進んでいったように思います(正直はっきりとは思い出せません)。NHKラジオも毎日聞くようになったのですが、それでもなぜか英語の発音はかなりめちゃくちゃなままで中学を卒業してしまいました。(念のため書いておきますが、NHKの基礎英語はコツコツ続けられる方には最高の教材です)

 

いろいろあったものの高校に入学でき、かなり長いブランクがありましたが不登校は解消できました。が、英語に関して言えば先ほど書いたとおり、発音はかなりいいかげんで、たとえば【society】を「ソサエティ」と発音すべきところを「ソーシエティー」などと、英単語をローマ字読みしてしまうようなありさまでした。今思えばそれほど英語が得意だったわけではなかったのかもしれませんけれども、自分は英語が得意なのだと思い込んでいたおめでたい筆者は、他の選択肢を一切頭に思い浮かべることなく私大の英文科に進学することになりました。

それまで英検などは受けたことがなかったのですが3年生の頃に初めて2級を受けて合格し(英文科ですし特に試験対策はしませんでした)、4年生の終わりごろに準1級の1次に合格しました。面接には1回落ちてしまいましたが次の試験日に無事通過し、準1級合格となりました。そのころにTOEIC850点取得しました。

大学卒業後、1年間の翻訳学校を経てから翻訳会社に就職し、翻訳業を経験した後、ニュージーランドに1年間の語学留学をしました。

留学先では、文法だけでも留学前にしっかり身に付けていた方が留学先でも過ごしやすいという、ある意味当たり前のことを実感しました。正直あまり熱心とは言えない留学生でしたが、基礎を固めていた方だったので無用に不安になることがなく、それまで頑張ってきた自分に感謝の思いでした。

 

矛盾しているようですが、英語に自信がなくても、海外に行きたい気持ちがある人にはすぐにでも行くようにおすすめしたいです。ただ、英語はある程度机に向かう時間がないと、身に付くものではありません(小さな子供は別でしょうけども)。留学先でも、勉強しなくても英語圏に住んでいるかぎり、英語は勝手についてくると誤解している日本の方たちに出会いました。でも結局は「雰囲気だけの英語力」しか身に付かなかったというパターンや、数年ものあいだ語学学校に通っているのに初級レベルに留まり続けている方を見てきているので、【勉強】は大事だよ、楽しく勉強する方法もあるよ、と伝えたい気持ちを持つようになりました。

 

以後、世界を広げてくれる英語の力を、どのようにして筆者が伸ばしてきたかなど、書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です